welcome to you!   ほっヾと一息つきましょう。


by putti-0212
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

集団検診2013

今年も恒例の集団検診に行ってきました。

例年と違ったことはまったくダイエットをせずに挑んだということです(笑)
そう、今年は集団検診とセットのダイエット日記が無かったでしょ。
去年、必死に?ダイエットしたにもかかわらずわずか1.5キロ位しか痩せられなかったから、
今年は挑戦さえしなかったのです。
で、その結果、見事、昨年より1.5キロ増でした。
そして、腹部は1センチ増。
予想通りの展開でした(-。-;)

数ヶ月、体重計に乗ってなかったので、さすがに目にした数値にショックは受けましたが、
正直な所、まぁ、そんなもんでしょ。って感じです。もはや、開き直り。

毎年、かなり笑えることが起こる集団検診ですが、今年は大した珍事もなく、
バリウムさえ美味しくいただき(絶対、今年のバリウムは味が良くなってる!って)
無事、終わりました。

歳を重ねるごとに気持ちもカラダも大きく、怖いものもなくなっていくことを実感しています。

まぁ、笑えるといえば、体重の記入が不鮮明で、
それを手にした看護師さんに「後でキレイに書き直しておきますね。」と言われたので、
「私が10キロほど書き直しておいてください。」といったら、
「書き直してあげたいのは山々ですが、それはできません(笑)」って … …

ははははっ(苦笑)





[PR]
by putti-0212 | 2013-11-27 21:41 | つれづれ

大人のけんか

大人のけんか   2012 フランス・ドイツ・ポーランド・スペイン合作
    ジョディ・フォスター、ジョン・C・ライリー、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ワルツ
c0099182_17363676.jpg

面白かった。
一部屋でふた組の夫婦が2時間ただ喧嘩する。
最初は礼儀正しく偽善的に、事務的に話し合っているようで、
だんだん、本性、本音が飛び出す。
それは度々かかってくる夫の仕事の電話がきっかけだったり、
いきなり吐き気を催してリビングのテーブルに吐きまくる妻の片付けだったり。
途中から4人とも酔っ払い、言いたい放題。

4人が名優であるからか、脚本がしっかりしているからか、
4人の口喧嘩を笑いながら見続けられる。
笑えるのに言ってることはひとつひとつかなり重い。

ラストがまた秀逸、
4人の喧嘩はなんの終末も迎えず、鳴り響く携帯音、芝生の上のハムスター、仲良く遊ぶ男の子ふたり。。。
[PR]
by putti-0212 | 2013-11-23 17:33 | MOVIE

アントキノイノチ

アントキノイノチ  2011 日本    岡田将生 榮倉奈々 原田泰造 松坂桃李

注・ネタバレあり


続けて↓映画も観ました。
恋人が死ぬ今時のラブストーリーでした。
最後ちょっと泣いちゃったけど(笑)

もっと、原作に忠実に作って欲しかったな~、
最後に恋人が死んで美談に終わる映画って少し食傷気味…
実話の場合は仕方ない場合もあるけど(そういう美談を映画化するのもちょっと好きじゃないけど)
映画の終わりがこうだと「はい、上手にまとめました」的な感じで…
原作に忠実に作ると映画の枠に入りきれないのかもしれないけど、
ひとつひとつのエピソードが説明不足で原作を知らない人はわかりづらいんじゃないかな?
あと、原作通りに作りづらいエピソードもあるけど。
*あいかわらず、「けど」が多いですね、puttiさん(ーー;)

私が原作の中でぐっときたタクシー運転手さんの整理の場面、まったく描かれてなくて。。。
原作は遺品整理業がもっとクローズアップされてるから。
映画はラブストーリー色が濃いものね。
そうしないと当たらないからかな?

岡田くんも榮倉ちゃんも良いけど、
雪ちゃんは原作通り、居酒屋のアルバイトで描いて欲しかったな~…
[PR]
by putti-0212 | 2013-11-20 16:57 | MOVIE

アントキノイノチ

アントキノイノチ  さだまさし

テレビCMで映画の「アントキノイノチ」のタイトルををみたとき、マンガの映画化のコメディだとおもい、次にシリアスな映画と聞いたときはまた、恋人が死ぬ映画だと勝手に思ってた。
で、今日、小説「アントキノイノチ」を読み終わって私の勝手な勘違いだったとわかった。

主人公の青年の現在と高校時代がいったりきたりしてお話は進む。
高校三年の秋、精神を病み高校を中退する、私は精神を病むという表現は適切じゃない気もするが、学校に行けなくなった理由が事故や家庭環境、事情じゃないからやっぱり、心の病か…
で、現在の彼は父親の勧めで遺品整理の会社の見習い社員として働く。
遺品整理といっても死後数日放置された故人の部屋の片付けもあり、相当に厳しい職場でもある。
そこの社長や上司との関わりの中で彼は過去を見つめながらも乗り越えていく。
職場近くの居酒屋でバイトする女の子も大きく関係してくる。

良い小説だと思った。
さだまさしの旨さそしてこの題材への想いも強く感じる。

原作とはちょっと違うんだよね、と友達が言ってた映画もこれから観てみよう。
[PR]
by putti-0212 | 2013-11-20 09:53 | BOOK

紅葉 ご近所写真

c0099182_734523.jpg

c0099182_743844.jpg

c0099182_755963.jpg

c0099182_765424.jpg

昨日、Twitterにあげたけど、こっちにあがらないことをまた忘れてた。
今年の秋の足跡として。
[PR]
by putti-0212 | 2013-11-20 07:07