welcome to you!   ほっヾと一息つきましょう。


by putti-0212

<   2008年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今週は…

気づけば↓「ありがとうございます」記事しか上げてない…

3日連休はのんびり過ごしたにもかかわらず、
火曜は「あれから1年…」というタイトルの記事を書きかけて止め、
水曜は胸のつかえは取れたけどやっぱり少し自己嫌悪で、
「ありがとうございます」を完走して午前中の自己嫌悪をドラマにかこつけて一緒に泣いた。
木曜は「ありがとうございます」の復習をしてたらまた泣けて、
涙で目が霞んだのか?届いたカレンダーの彼が素敵に見えずちょっとショック。
そして、元彼のバースデーライブは自粛することを決めた。


そんな今週でした。
皆様、楽しい週末を。
風邪や胃腸炎が流行ってます、気をつけて。
手洗い、うがいをしてね~♪
[PR]
by putti-0212 | 2008-11-26 20:16 | つれづれ

ありがとうございます


c0099182_153411100.jpg
「ありがとうございます」  2007韓国 全16話  ☆☆☆☆

韓国ドラマ、良いわ。
だれ? 韓流を毛嫌いしてるのは(笑)


腕利きの大学病院勤務の外科医、ミン・ギソ。
「ザ・ゴーマン」と呼ばれるほど、我侭、自信家、乱暴者。
癌に侵された恋人を助けることが出来ず自暴自棄になる。

青く美しい島で祖父、娘と暮らす未婚の母、イ・ヨンシン。
働き者で明るく、賢く、美しい。

その娘、ボム。
勝気で天真爛漫。自分を天使と教えられ育つ健気な子。

その祖父、イ・ビョングク。
息子夫婦を海で亡くしそのショックから認知症になる。

この4人のお話。

(↓ネタバレあります。これから観る予定がある人は注意!)

おじいちゃん役の俳優さん以外はほとんどはじめて知る俳優さん。
見慣れるまではどの女優さんもあんまり可愛くないな~なんて思ってみていたし
(ギソの元彼女やソクヒョンの彼女しかり)
チャン・ヒョクも「ビョンホン好きなら彼も好きだと思う」と実姉に説得され?観た割には『そうかな~…』と半信半疑。
でも、1話観ただけで 次は、次は。 と楽しみにして、
毎回、泣いたり笑ったり、微笑んだり、顔を歪めたり…急がしいったらありゃしない。

ギソ先生が彼女が末期癌だと知り彼女の元へ駆けつけ、
悪態ついた後、ひしっと抱きしめ、「飯、喰ったか?」と言ったときは
軽くめまいがしたわ(笑)(←簡単に堕ちる女、putti)
乱暴モノで強面、でも頭が良い仕事のできる男、大好物よ♪

ギソ先生に唯一文句をつけるならソウルに戻って鬼仕事をする時、
ウルトラマン仕様の眼鏡は止めようよ!
(どこぞの人気韓流スター様も一度その眼鏡をかけて皆にドン引きされたんだから  爆)

ギソ先生に不満だったのはその眼鏡とひらひら長い白いカーディガンくらいかな?
それ位、素敵で魅力的なキャラだった。
(キスするときに目がちょっとイッちゃう感じとはじめから口が開いてるのはちょっと置いといて^^;)

主役のヨンシンは素朴で可愛い。人気女優さんなんでしょ?(私が知らないだけで)
美人ってことはないけど、演技が上手いのか本当にその島で暮らす健気な女性ヨンシンそのものだった。
役の上でも薄幸の美女ではなく元気で明るく常に前向きでしっかりしてる生き方は人の心を打つ。
観ていていろんなことを考えさせられる上質なドラマだな。と思う。

認知症にエイズ、差別に偏見。
重いテーマを暗くならずみせてくれるのは脚本、監督の力とキャラクター設定の旨さなんだろうね。

たくさんの人が色んなことを身近なこととして考えながら観て欲しいよ。特に子供とか。

楽しい人がたくさん出てくるドラマだけど、
おじいちゃんに恋するおばさんが「わたしンち」のお母さんそっくりで出てくるたびに笑ってしまう私でした。
c0099182_15301360.jpg

c0099182_18514176.jpg

ミン・ギソ(チャン・ヒョク氏)のことはまた後で別記事にて。フフフッ
[PR]
by putti-0212 | 2008-11-26 14:48 | テレビ好き?

怒涛の一週間

土曜日:娘の大会で早朝5時出発で上京!
日曜日:半日以上、パジャマで過ごす。
月曜日:一年ぶりの再会で上京!
火曜日:自分主催の懇談会開催
水曜日:会議
木曜日:映画鑑賞
金曜日:2週間ぶりのテニスレッスン、1時よりお茶会

なんだか楽しいこと辛いこと盛りだくさんの一週間。
心地よい疲労と割り切れない焦燥…複雑な一週間でした。

来週はどんな週になるんだか。

皆様、良い三連休を。

c0099182_16111872.jpg
表も裏も両方みる冷静な心、ぶれない精神を…
[PR]
by putti-0212 | 2008-11-21 16:12 | つれづれ

ハッピーフライト

c0099182_1514431.jpg

 ハッピーフライト  2008 日本 ☆☆☆☆
   田辺誠一 綾瀬はるか 時任三郎 その他たくさんの名優さん。

『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』の矢口史靖監督作品
ウォーターボーイズもスィングガールズも楽しく観たのでこの作品も観ようと思っていた。
別れた男にこっそり逢いに行くような感覚だったから(puttiさん、あのね~…)、
終演間近になるだろう。と思っていたけれど
意外にも映画好きの友達に誘われて早々の観劇だった。
(映画は観劇とは言わないか!)


面白いよ。
(元彼が出てるから贔屓目に応援してるんじゃなくて)
よく出来てる。2時間まったく飽きないし。
芸達者な役者さん達がその役をそれぞれわかりやすく上手く演じてる。
監督さんも無理に笑いを取りに行かないし、
飛行機のこと、空港のこと、それに携る人々、物凄く研究して描いてるのがわかる。
特別なスター(アイドル?)を使って観客動員を増やしにいってない所がよけい良い。
音楽もなかなか効いてます。

DVDになってからで十分と思ってる皆様、(私もそう思ってた)
映画館で2時間楽しんでみませんか?
[PR]
by putti-0212 | 2008-11-20 15:13 | MOVIE

いろいろ…Ⅱ

c0099182_17462775.jpg

寄せ植え一つでも違う角度から見るとまた違った表情になる。
どんなことにも表と裏がある。
できることならいつも明るい方を見て笑っていたい。
[PR]
by putti-0212 | 2008-11-19 17:48 | つれづれ

いろいろ…

多種多様なことでバタバタと過ごしています。
でも、花を愛でることは忘れないようにしなくちゃね。
c0099182_15531223.jpg

それに「ありがとうございます」は皆に置いていかれないようにしなきゃ(笑)
本日、6話視聴終わり!


PS:ビルボード編見た?
[PR]
by putti-0212 | 2008-11-18 15:53 | つれづれ

姐さん

一年ぶりに再開した四国の姐さんは元気でした(^O^)

今は共通の話題も乏しく環境も育ちも血液型も(笑)違うけど何かの縁で巡りあったのだからこの縁は大切にしよう。
彼女が私に飽きるまではね(爆)
[PR]
by putti-0212 | 2008-11-17 16:26 | つれづれ

ひとりてぃたいむ

c0099182_1365252.jpg

良い香りのお茶を入れてたまにのんびりするのもよし。
(それは良いけど、puttiさん、お茶菓子多すぎやしませんか?笑)



昨日、今日と暖かい日が続きます。
ベランダ仕事、とりあえず終えました。
c0099182_1385582.jpg

[PR]
by putti-0212 | 2008-11-14 13:08 | つれづれ

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身  2008 日本  ☆☆☆☆  福山雅治 柴咲コウ 北村一輝 松雪泰子 堤真一

その昔、原作を読んだ。ここ
その時思ったことと映画を観た後の感想はそう遠くはない。
原作は堤さん演じる高校教師(天才数学者)の話で福山演じる天才物理学者湯川は脇役だったんだよね。
で、福山主役の「ガリレオ映画版」にどうやってつくり変えるんだろう?と興味を持ってみたけれど、
映画としてみればやっぱり堤さんの映画でその相手役に松雪泰子というもの。
二人の演技は上手いよ~。
堤さん、すごくかっこ悪く不気味に撮れてるし。

だからといって、決して、福山君が影が薄いわけでもダメダメでもないので、
ガリレオファンが観てもガッカリはしないよ。
カッコイイ人、スター様は出てるだけで光ってるからね♪

某ブログ(BBSだったっけ?)で「柴咲コウは必要か?」みたいに書かれてあったけど、
まぁ、ドラマの流れとして「いても良し」って感じ。
私、柴咲コウが唄うの好きだしさ(オイオイ!そんな理由? 笑)

原作を読んでいて映画を観てガッカリするというものが多いけど、
これはいい感じ。
原作の時に感じた野暮ったい変人物理学者湯川は
テレビドラマのおかげでイケメン物理学者ガリレオにすでに脳内変換済みだしね。
ただ、残念なのは柴咲コウのおかげで(?)
小説ではクローズアップされてる湯川の友人刑事(北村一輝演じる)が出番が少ないのが玉に瑕。
まぁ、主役級男性が3人もいたらちょっと暑っ苦しいかな?
[PR]
by putti-0212 | 2008-11-13 16:22 | MOVIE

今日も寒い…

c0099182_13484755.jpg

植え替えずに花だけがたまる…
[PR]
by putti-0212 | 2008-11-12 13:49 | つれづれ