人気ブログランキング |

welcome to you!   ほっヾと一息つきましょう。


by putti-0212
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2009年 11月 16日 ( 1 )

2009年に観た映画

*今年はビョンホン映画が3本も公開され舞い上がってしまい(笑)観た映画のアップをしていません。思い出したらその都度追記します。

c0099182_20134471.jpg「レッドクリフ Part II/未来への最終決戦」 
 2009 アメリカ?中国?日本?

 西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る。

金城武もトニーレオンも好きな役者。
part1も観てなくて、歴史に弱い私が理解できるかな?と不安だったが、
中心人物である周瑜(トニー・レオン)と諸葛亮(金城武)と、悪役の曹操(チャン・フォンイー)との対立の構図がシンプルそれにヒロイン(周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)描写もわかりやすい。
とにかく大作で単純に楽しめた。




c0099182_207952.jpg  ワルキューレ  2008 アメリカ

第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画、ヒトラーの独裁政権に屈する者と世界を変えようとする者、そして両者の裏で陰謀をたくらむ者。

第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。

旬を過ぎた感があるトム・クルーズ、でも、日本では一定ファンがいるのか映画もそこそこヒットしたんじゃないかな?私が観たくらいだから。
秀作とは思えないけど寝ないで観たからまずまず?かな。
基本的に私が戦争モノやサスペンスが実は嫌いじゃないってことかも?


                  2009.11.16  +1キロ
                     本当に笑えなくなってきたので、週末までになんとかします。

by putti-0212 | 2009-11-16 20:04 | MOVIE