welcome to you!   ほっヾと一息つきましょう。


by putti-0212
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アントキノイノチ

アントキノイノチ  さだまさし

テレビCMで映画の「アントキノイノチ」のタイトルををみたとき、マンガの映画化のコメディだとおもい、次にシリアスな映画と聞いたときはまた、恋人が死ぬ映画だと勝手に思ってた。
で、今日、小説「アントキノイノチ」を読み終わって私の勝手な勘違いだったとわかった。

主人公の青年の現在と高校時代がいったりきたりしてお話は進む。
高校三年の秋、精神を病み高校を中退する、私は精神を病むという表現は適切じゃない気もするが、学校に行けなくなった理由が事故や家庭環境、事情じゃないからやっぱり、心の病か…
で、現在の彼は父親の勧めで遺品整理の会社の見習い社員として働く。
遺品整理といっても死後数日放置された故人の部屋の片付けもあり、相当に厳しい職場でもある。
そこの社長や上司との関わりの中で彼は過去を見つめながらも乗り越えていく。
職場近くの居酒屋でバイトする女の子も大きく関係してくる。

良い小説だと思った。
さだまさしの旨さそしてこの題材への想いも強く感じる。

原作とはちょっと違うんだよね、と友達が言ってた映画もこれから観てみよう。
[PR]
by putti-0212 | 2013-11-20 09:53 | BOOK