人気ブログランキング |

welcome to you!   ほっヾと一息つきましょう。


by putti-0212
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私の期限は49日

ちょっと前に「私の期限は49日」という韓国ドラマを一気に観ました。
c0099182_20241691.jpg

                     この二人↑実は魂なのですが。

この女性(写真参照)が交通事故で脳死状態になるの、
そこに、天使いやスケジューラーの彼(写真参照)が現れて、
寿命ではなく突発的な事故で死んだ人は49日間の猶予を与えられるっていうわけ。
この49日間中に彼女が死んだことを心から悲しんで流す涙3人分を集められたら生き返れるって。
(親族の涙は数に入れられないの)
で、彼女はそんなの簡単よ。って言うんだけど、なかなかその3人の涙が集まらない。

c0099182_2030562.jpg

その魂の彼女はある女性が寝ている時だけ(↑この写真の女性ね)彼女の体を借りれて、
現世を生きられるわけ。それで必死で涙を集めようとするの。


観てて身につまされるっていうか、考えさせられるっていうか…
心からその人の死を悼んで泣く人っていないんじゃないか。って思ったりね。
彼女は社長令嬢で恵まれていて、朗らかで、明るくて、楽天家の天然さん。
高校時代、大学時代ともに「みんなの幸せ願ってまーす。」みたいな女の子、
仲良くしてる友達もたくさんいたんだけど、
実際の友達の胸の内は、恩着せがましいとか自分の幸せばっかりとか、無神経とか、鼻につくとか。

女って所詮こんなもんか、って思わなくもない。妙にリアルなんだよね。
ここで、大概の人は自分が死んだら果たして本気で泣いてくれる人がいるんだろうか?って考えさせられるわけ…あんまり、考えたくない現実よね…
私自身、もう若くないから若い女性特有の妬みやひがみなんてもうないよね、と思ってみたものの、
女性って若い頃は女友達の容姿や男性関係や人気度なんかでやっかみなんか多くて、
結婚したらしたでその人のご主人の勤め先や収入でまたやっかむし、
子供ができたら、その子の足の速さ(笑)や頭の良さでこれまたやっかむんだよね。

くだらねぇ、って思うけど、本当にそういうの多いんだよ。
ほら、そこのあなた、思い当たることあるでしょ。(笑)
ない、ない。って思ってる人、胸に手を当てて考えてごらん。誰にもバレないから(爆)


ドラマとしてはこのスケジューラー役の彼がキュートでよかった。ってこと。
端役のカウンセラーのお医者様が好みの顔だったっていうこと。
相手役の男性の一人がヒゲが異常に濃かったっていうこと。
もうひとりが福山雅治にどうかしたら(ははっ)激似だったっていうこと。
ラストがあれで良かったのか、悪かったのか、いまだにピンとこないっていうこと。

まぁ、そんな感じのドラマでした。
by putti-0212 | 2013-10-12 20:57 | ドラマ