welcome to you!   ほっヾと一息つきましょう。


by putti-0212
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

泣く

一昨日、電車の中で小説を読みながら泣く。
映画を観ても泣く。
そして、自分が寝る前に想像(妄想?創造?)した物語の台詞に泣く。

ハハハハッ、
更年期の情緒不安定じゃないよ(笑)





ひと月くらい前だったかな、娘1がWOWOW録画でHDDに入っている「余命一ヶ月の花嫁」を観た。
娘1に「一緒に観る?」って聞かれた時は「思いっきり泣きたいからいつかひとりで観る」と返事をして、
予定が無い平日の午後に観た。
号泣するだろうと予想していたけどそこまでではなく、目も腫れなかったが、少々頭が重くなった。
身内が病気を患ってから(今はほぼ完治なので、情けはいらないよ)病気もののドラマや映画はあまり観たくなくなった。
最終的に死んじゃうんだろうと予測できるものは避けるようになった。
どんなに最後が美しくても、「人間、死んではいかんだろう主義」なので人が死ぬ話は大嫌いだ。

でも、ノンフィクションの場合、死にたくて死んでるわけではないし、その人がひとりでも多くの人に自分の存在を知って欲しかったり、何か伝えたくて、残したものがあるなら、残されたものはそれを知るべきだとおもう。


でも、やっぱり、人が死ぬのはとても辛いので、
思いっきり泣けるけど人が死なないお話の映画や本を知ってる方はご紹介下さい。
[PR]
by putti-0212 | 2010-10-22 10:29 | つれづれ