人気ブログランキング |

welcome to you!   ほっヾと一息つきましょう。


by putti-0212
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今夜もまた...

c0099182_20231238.jpg

キャンドルをひとり灯す静かな夜...


期末試験万歳!(笑)なんて言うと連夜塾通いの娘たちに叱られるかな(爆)





急な不幸があって夫が里帰りしました。
お悔やみはいりませんよ。

義母の長姉が亡くなりました。
たぶん、80は越えています。
私は2度しか逢ったことがありません。

室蘭の高台に立つ大きな家にひとりで住んでいました。
中学だか高校の国語教師を勤めあげ
定年後はその家で庭の畑を耕しながら
たぶん、たくさんの本を読み、書をたしなみながら生活していたと思います。
猫がいたかもしれません。

日本人離れした容姿で若いときは美人だったろうな~と想像できましたが、
私が最初に逢ったときはもうすでに白髪の老婆で魔女のようなたたずまいでした...
生涯独身でしたしかなりの変人だったようですが、
教え子に慕われお正月には遊びに来るなんてことも聞いていました。
2度しか逢ったことがありませんが、私はこの義叔母のことを密かに好きでした。
たぶん、違う形で出逢ってもっと接する機会が多かったら、
憧れの大人の女性の一人だっただろうな~と思います。

自筆の書、骨董品、源氏物語...
最初に逢った時にすでに形見分けだといただきましたが、
夫がまた何かたくさん抱えて帰ってくるかもしれません...
ちょっと不安...

今、私がひとり静かに蝋燭を灯し故人に想いをはせているのに、
室蘭に到着した夫から「もうすでに盛り上がってる」という意味不明のメールがたった今来ました。
葬儀類はいっさいやらないでくれ。との遺言を受けて、喪服さえ持っていってませんし、
家の両親と夫以外は数名しか集っていないはずのお通夜で何をどう盛り上がっているの不思議でなりません。

とにかく、私は叔母の冥福を祈ります。 合掌。
by putti-0212 | 2009-09-03 20:47 | つれづれ