welcome to you!   ほっヾと一息つきましょう。


by putti-0212
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

GI・ジョー

GI・ジョー   2009 米


ストーリー:世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を襲う中、アメリカ政府は世界各地の精鋭を集めた史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”に願いを託す。

一言でいえば「普通に面白いアメリカ娯楽映画」
戦闘もの、戦争もの、未来もの、スピード、アクション、カーチェイス...
そしてLOVEに友情、おまけにビョンホンの裸????と満載(笑)

大きいスクリーンでポップコーンとコーラー持って仲間や恋人同士で観る映画だね。
もちろん家族でもあり。

デュークとリップコードがGI・ジョーに入隊して訓練うけるところ、
パリの街を駆け抜けるところが好き。
特にマーロンウェイアンズ演じるリップコードが良い味を出してる。
電車突き破った後の二人の会話に私はひとり爆笑。

戦いがメインだから常にドタバタうるさいけど友情やLOVEを絡ませたり
スネークアイとストームシャドーの幼年期を見せることで飽きさせないようにしたのかな?
(日本の描き方は間違いだらけ(笑) 娘達は中国の寺で修行してるんだと最後まで思ってたらしい)
後は色々伏線がないと2・3に引っ張っていけないしね^^

キャストが多彩で本当に良かった。
とびっきりのスーパースターを使ってないところがバランスがいい。
それぞれがみんな良いスタンス。
ほとんどが黒装束の中で一人まっ白の衣装に身を包んでるストームシャドー(イ・ビョンホン)だけが目立ってるけどこれは原作からそうだから仕方が無い(イヤ、特典?)として大目にみて。(笑)

ビョンホンに関して言えば初のハリウッド作なのにとても溶け込んでいて自然。
なんの違和感も無く他のキャストと肩を並べていたと思う。(贔屓目無しに)
ストーリーからしてはそこでスーツ脱いだら「もっとやられるだろう。」とか「傷が水にしみるよ。」とか思わず笑ってしまったけど^^;
英語の台詞も難なくこなしていたような(本人、苦労したらしい!?)
ラスト近くの「沈黙のまま死ね」には娘二人がノックアウト。
(しかし、やられたのはそう言った本人さ (爆))
私は台詞やアクションは今さら何も言うことない^^
ハリウッドデビューしかも夢にみたシリーズもの(たぶん!)にただただ満足。
そして、その作品が私の好みのものだったことが『本当に良かったよ』 ぐふふっ
[PR]
by putti-0212 | 2009-08-19 13:46 | MOVIE