人気ブログランキング |

welcome to you!   ほっヾと一息つきましょう。


by putti-0212
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身  2008 日本  ☆☆☆☆  福山雅治 柴咲コウ 北村一輝 松雪泰子 堤真一

その昔、原作を読んだ。ここ
その時思ったことと映画を観た後の感想はそう遠くはない。
原作は堤さん演じる高校教師(天才数学者)の話で福山演じる天才物理学者湯川は脇役だったんだよね。
で、福山主役の「ガリレオ映画版」にどうやってつくり変えるんだろう?と興味を持ってみたけれど、
映画としてみればやっぱり堤さんの映画でその相手役に松雪泰子というもの。
二人の演技は上手いよ~。
堤さん、すごくかっこ悪く不気味に撮れてるし。

だからといって、決して、福山君が影が薄いわけでもダメダメでもないので、
ガリレオファンが観てもガッカリはしないよ。
カッコイイ人、スター様は出てるだけで光ってるからね♪

某ブログ(BBSだったっけ?)で「柴咲コウは必要か?」みたいに書かれてあったけど、
まぁ、ドラマの流れとして「いても良し」って感じ。
私、柴咲コウが唄うの好きだしさ(オイオイ!そんな理由? 笑)

原作を読んでいて映画を観てガッカリするというものが多いけど、
これはいい感じ。
原作の時に感じた野暮ったい変人物理学者湯川は
テレビドラマのおかげでイケメン物理学者ガリレオにすでに脳内変換済みだしね。
ただ、残念なのは柴咲コウのおかげで(?)
小説ではクローズアップされてる湯川の友人刑事(北村一輝演じる)が出番が少ないのが玉に瑕。
まぁ、主役級男性が3人もいたらちょっと暑っ苦しいかな?
by putti-0212 | 2008-11-13 16:22 | MOVIE